HOME > スマイルブログ > 全国学力調査と小山市の現状

スマイルブログ

< 保護者面談ウィーク  |  一覧へ戻る  |  全国学力調査と小山市の現状2 >

全国学力調査と小山市の現状

平成26年度の全国学力調査の結果で、
小山市の小中学生は

全国平均とほぼ同程度の正答率

であることがわかっています。


ちなみに、
対象となった学年は、小6と中3です。


国語と算数・数学での出題で、

A⇒基礎的な学力を問う問題
B⇒その活用を問う問題


というように問題の性質が分かれています。

では、小山市の子供たちの傾向は
どうだったのでしょう。

以下がその結果です。


【小学生】
・国語B、算数Aは、全国とほぼ同様
・概括すると、国語Aは得意な傾向
・算数Bはやや苦手な傾向


【中学生】
・国語A、国語Bは全国平均を上回り、特に国語Bが得意な傾向
・数学Bは、全国とほぼ同様
・数学Aはやや苦手な傾向


次回は、アンケートの結果から分かる
小山市の子供たちの傾向について
紹介したいと思います。

< 保護者面談ウィーク  |  一覧へ戻る  |  全国学力調査と小山市の現状2 >

このページのトップへ