HOME > スマイルブログ > アーカイブ > 2015年3月

スマイルブログ 2015年3月

下野模試受験ならスマイルアシストで!!

中学生になると、対外模試を受験する機会がやってきますね。

そのうち、栃木県の中学生がよく利用するのが下野模試です。
これは、下野新聞社が主催する高校入試に向けての模試となります。

以下、下野模試の概要です。

下野模試のページ

「高校合格へのナビゲーター」
栃木県の高校入試対策として、
普段からの学習や模試の実施、
さらには過去問などの提供もしています。


こちらは、「CHUサポ」といって、
高校受験を応援するためのサイトになっています。

CHUサポのページ

下野新聞を取ると、特別会員となることができ、
毎月「学力UP問題集」が自宅に届きます。
会員登録をするだけで、
その他は無料サポートです。

受験会場は、公式会場のほかに準会場があり、
当塾も準会場となっております。

スマイルアシストで受験いただくと
受験料がお得!!
しかも、
受験後の解答・解説授業が無料
で受けられます。

平成27年度のテスト実施日は以下からご確認ください。

下野模試実施日

※直近は以下のとおりです。
【中3】
1回目 6/28(日)

【中2】
1回目 8/30(日)

【中1】
1回目 平成28年 3/27(日)

スマイルアシストでの受験の様子(3/29)

全国学力調査と小山市の現状2

前回に続き、
全国学力調査でわかる小山市の子供たちの
現状と傾向です。


今回は、調査時に同時に行っている
アンケートの結果見てみたいと思います。


昨年引き続き、
小山市の子供たちは多くの項目で
全国平均を上回るなどして、

学習意欲が高い傾向にあると考えられます。


そのなかで、
注目すべき点が

まず一つ目。
携帯やスマホを持たない子の正答率が高い


二つ目。
友達の話や意見を最後まで聞ける


ということ。


これらはどちらも正答率につながっていることが
データから読み取れます。


小6でのアンケート結果からは、
算数Bの正答率を比較すると、

スマホを持っていない⇒59.5%
1日4時間スマホ使用⇒39.5%


とここまで大きな違いが出てきます。


また、全国の平均で話の聞ける子が50%前半なのに対し、
小山市の子供たちは約60%の子供たちが
人の話を最後まで聞くことができると出ています。


また、基本的な生活習慣においても
正答率の高い子とそうでない子の差は
こんなところでも出ています。

〇新聞を読んでいるかどうか
〇宿題を家出しているかどうか
〇自分で計画的に勉強できるかどうか
〇1日のゲームをする時間



これを機に、勉強のみならず、
生活習慣から見直しをしてみるのもいいかもしれませんね。

全国学力調査と小山市の現状

平成26年度の全国学力調査の結果で、
小山市の小中学生は

全国平均とほぼ同程度の正答率

であることがわかっています。


ちなみに、
対象となった学年は、小6と中3です。


国語と算数・数学での出題で、

A⇒基礎的な学力を問う問題
B⇒その活用を問う問題


というように問題の性質が分かれています。

では、小山市の子供たちの傾向は
どうだったのでしょう。

以下がその結果です。


【小学生】
・国語B、算数Aは、全国とほぼ同様
・概括すると、国語Aは得意な傾向
・算数Bはやや苦手な傾向


【中学生】
・国語A、国語Bは全国平均を上回り、特に国語Bが得意な傾向
・数学Bは、全国とほぼ同様
・数学Aはやや苦手な傾向


次回は、アンケートの結果から分かる
小山市の子供たちの傾向について
紹介したいと思います。

1

« 2015年2月 | メインページ | アーカイブ | 2015年4月 »

このページのトップへ